あるお母さまからのお手紙

先日、Yちゃん(小1)のお母さまから、次のような内容のお手紙をいただきました。

『テキストが進み、上達してきたからか、先日「ピアノが難しい。」と家で泣きながら練習していました。私が注意をすると、どうしてもヒートアップしてしまい、なかなかうまく練習がこなせません。今後、家での練習をどうしたらよいか、少しアドバイスをいただけますか?』

Yちゃんはレッスンを始めて約半年。最初の壁にぶつかる頃でしょうか。

今までなら、5回練習すれば弾けるようになった宿題が、10回、20回弾いてもうまくできなかったり子どもですからイライラして、「もう嫌!」となるでしょう。泣きながら練習するだけ偉いと思います。

私 「Yちゃん、今日の宿題難しかった?」
ちゃんぜーんぜん!最初からすらすら~って弾けたし
なんて余裕な風を見せていたYちゃんですが・・・

帰る直前に
ちゃん「ほんまはこの曲のここ!!めっちゃ難しかってん」と本音がポロリ。

その日はYちゃんの努力を労って、うーんと褒めてレッスンは終わりました

このようにお家での練習の様子を、お知らせいただけると、指導者としてはとても有り難いです。宿題やレッスンの内容を考えるきっかけにもなりますし、頑張ったことを沢山ほめてあげることもできます。

何か思われた時はいつでも連絡をくださいね。お手紙、LINE、メール、何でもいつでもOKです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください