ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の来日公演

昨日はオランダの楽団「ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団」の来日公演に行ってきました
RCOパンフ

前半はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲ニ長調。
ツィンマーマンの彩豊かな音色にうっとり。幸せな時間でした。やっぱり一流の人は、弱音がどこまでも美しいですね

後半はブラームスの交響曲第一番。
指揮者によって音楽はこうも変わるのか…と、ちょっと驚きました。初めて聞くタイプのブラ1で、とっても勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください