ブログやインスタでは、なるべく明るい話を書こうと意識はしているのですが、たまにはこういう話も書きますね。

昨日、ピアノを教えている友人とランチしながら話した内容です。

「コロナの影響か、ちょっと心が疲れている生徒さんが、ちらほらいるね」という話になりました。

・ピアノを弾いたらリラックスできる

・音楽は心の栄養

・音楽は心を癒す

こんな話をよく聞きますよね。

これらがピアノ学習中の子ども達に、そのまま当てはまるか?と言えば、答えは「NO」かなと思います。

ピアノを弾いてリラックスできるのは・・・

①ピアノをある程度自由に操れる人

②楽譜を初見でさっと演奏できる人

③耳コピが得意で、ちょっと聞いたらすぐ弾ける人

④発表会等で弾いた曲をレパートリーとして持っていて、その曲を演奏する場合

こんな感じでしょうか。

子どもだったら④が該当するかと思います。

ピアノを始めて数年の子どもが、ピアノの練習が気分転換になるというのは、ちょっと無理があるかもしれません。多分ピアノの練習はストレスの方が大きいと思います。

だから子どもが、疲れているなと感じたら

・合格した曲をまた弾いてみようか?

・発表会で弾いた曲をまた聞かせて

こんな感じでいいと思います。

ぶっちゃけて言うと、「今日はピアノの練習サボっちゃおう!」でもいいと思います。

ピアノとは細く長くが一番。

レッスンを止めてしまったら、もうピアノからは遠ざかってしまうでしょうし、それ以上、上達することは多分ないと思います。

なので、緩急つけて、ピアノとは長い付き合いができるように見守っていただきたい

そう思うのです。

そうして10年ほど経つと、本当に「ピアノを弾いてリラックスできる」ようになるのです。

「10年もかかるんかい!」
とツッコミが入りそうですね^^;

かかります。その位は。ピアノは難しいですからね。

簡単に得られるものは、それだけのものです。

でもピアノを弾くことで、自分も周りの人も幸せにすることができたなら、それは、生きていくのに強い武器を一つ手に入れたも同然です。

子ども達がそれを手に入れられるように、どうか長い目で応援していただきたい、そう切に願います。


日々のレッスンの様子は、インスタグラムで更新しています。是非のぞいてみて下さい♪

北原ピアノ教室 Instagraminstagram