心洗われるレッスン。

大人の方のレッスンの話です。

「私は後期高齢者なので、なかなか上達しなくてすみません。」と、いつも控えめにおっしゃるTさん(女性)。

当教室に通われて、もうすぐ2年になります。

先日の北大阪地震で、住んでいるマンションが被災してしまい、上の階から水が漏れて、一部屋まるごと使えなくなったそうです。そしてまだこれから改修工事が入るので、心が落ち着かないと言われていました。

しばらくはピアノを弾く心の余裕がなかったそうですが、今日のレッスンの為に、昨日久しぶりにピアノの蓋を開けて、ポーンと鳴らしてみて・・・

「ああ、私はピアノの音が好きなんだ!」とすごく感動したんです!そしてしばらく夢中で弾いていました。

と、今日のレッスンで話してくださいました。

「これから歳を重ねていくと、今のように弾けなくなるかもしれません。でも私がいて、そこにピアノがある限り、私はピアノを弾き続けますね。だから先生、これからもお願いします。」

そうおっしゃるのを聞いて、なぜか涙が出そうになりました。

音楽は、災害の真っ只中では本当に無力です。でも少し時が経ち、心が元気になろうとするお手伝いはできるのではないか?

Tさんと話しながら、そんなことを思いました。

子どもの元気いっぱいのピアノも好きですが、大人の方の一音一音紡ぎだされるような演奏も、私はとても好きです。今日のTさんの演奏を聴いて、心洗われるような気がして、ピアノを教えることの幸せを感じました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください