「ピアノが弾けて本当によかった!」~大人の生徒さんの話~

お勤めをされながら、月2回レッスンに通われているTさん。

いつもニコニコと笑顔が素敵な方です

Mちゃんレッスン風景

昨年のクリスマス会では司会も担当してくれましたね。とても頼りになる生徒さんです。

そんなTさんもピアノ再開組です。

子ども時代のしっかりとした基礎があるので、大人になった今も、ある程度好きな曲を楽しんで弾くことができます。

今は「小犬のワルツ」を弾いておられます

先日ポツリと

「ピアノが弾けて本当によかった。習わせてくれた親に感謝してるんです」

そうおっしゃいました。

本当にその通りですね。
私も全く同じことを思っていますから。

ピアノイメージ画像


何事もそうだと思いますが、楽器は特に、中途半端なところで辞めてしまっては、ほとんど何も残りません。

5年、10年を経て、いざ弾いてみると・・・

辛うじて楽譜は読める、でも指は思うように動いてくれない

そうなってしまうものです。

一般的には、ソナチネ修了くらいまで行っていると、ブランクがあっても脳に定着すると言われています。
(本当はそこからがピアノの面白いところですが…。作曲家が心血注いで書いた作品が弾けるようになると、その面白さは何倍にもなります)

ドレミから始まって、ソナチネ修了まで。

長い道のりですね

今ちびっ子の皆も、いずれ社会に出て、その厳しさを知る時がきます。そんな時に、ちょっとピアノが弾けたら、どれほどの助けになるでしょう。

Tさんのように
「ピアノが弾けて本当によかった。習わせてくれた親に感謝している」
そう思う日がきっときますよ

ピアノとは”つかず離れず”でも大丈夫ですから、親御さんには長い目で応援してあげてほしいなと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください