表現するってどういうこと?

Aちゃん(小5)のレッスンで。

3月に受けるピアノステップに向けて、がんばっているAちゃん。

ピアノを始めて1年半くらいになります。
ステップ挑戦は2度目です。

Aちゃんレッスン風景

楽譜に書いてある通り、正しく演奏することは得意なAちゃん。

あとは、曲から感じたことを、Aちゃんの音色でどのように表現するか?

ここに高い高い壁が立ちはだかっています。

最近のレッスンは
「ここをこんな風に弾いてみれば?」
「ここはもっと思い切って、フォルテで」
「ここはもっと緊張感がいるよね」

あれこれ提案をしているのですが、何か煮え切らない感じです。

そして昨日のレッスンで・・・

私「Aちゃんが自分で弾きたい!って選んだ曲でしょ?もっともっと良くしよう!って思わないと。」

Aちゃん「・・・。」

私「これでいいやって思っちゃってない?」

Aちゃん「・・・。」
そして涙・・・。

レッスンの後半はずっと泣きながら、でも頑張って弾いていました。

「表現するってどういうこと?」

Aちゃんにとって、簡単に答えは出ません。
でも、悩んだり苦しんだりしながら、一歩一歩進んでほしいと思います。

一つのステージに向かうにあたっての課題は、人それぞれです。

発表会イメージ写真

Aちゃんにとっては「表現するってどういうこと?」

B君にとっては「楽譜通り弾くって難しい!」

Cちゃんにとっては「緊張しても、テンポが上がらないようにしたい!」等々

みんな一筋縄では行きません。

でも、せっかく与えられたステージです。

本番までに出来ることを精一杯やって
「頑張ってよかったー!」
ピアノって楽しい
「次は何弾こうかな?また頑張ろう!」

そう思ってもらいたいのです。

みんな、一緒にがんばろうね!
たまに(?)厳しい先生になるけれど、許してね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください