作曲家に親しむ

F君(小2)、Sちゃん(小1)兄弟。
いつも二人仲良くレッスンに来ますお互いの待ち時間には、学校の宿題をしたり、お絵描きをしたりしています。

今週の待ち時間は・・・
F君「バッハ」の伝記(漫画)を読んでいます。
伝記を読むF君
↑ケラケラと笑いながら、楽しそうに読んでいます

Sちゃん「モーツアルト」の伝記(漫画)を読んでいます。
伝記を読むSちゃん
↑「モーツアルトのお母さんが死んじゃう・・・」と思わず声に出たりして。泣きそうな顔をしながら読んでいる姿がかわいい

このように幼い頃から、作曲家に親しむことは、音楽を勉強する上でとても大切なことです。因みにF君は先週、待ち時間にベートヴェンの伝記を読んでいたようで、今日私に「先生、ベートーヴェンのお父さんはお酒を飲み過ぎるんだよ!あと、ベートーヴェンは耳が聞こえなくなっても、曲を作ったんだよ。」と話してくれました。このちょっとした知識はいずれ、演奏する上での解釈や、音楽表現に必ずつながります。

子ども向けに読みやすく描かれた伝記を、教室の本棚に多く入れています。レッスンの待ち時間等を利用して、読んでみてください。貸し出しもOKですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください