欧州旅行記2018④~作曲家ゆかりの地~

↓シュテファン大聖堂(ウィーン)
シュテファン大聖堂
モーツァルトの結婚式とお葬式が行われた教会です。

↓シューベルトの生家(ウィーン)
シューベルトの生家1

シューベルトが生まれた当時、シューベルトのお父さんはここで学校を経営していました。1階が学校で、2階がシューベルト一家の住まいだったそうです↓
シューベルトの生家2

↓シューベルトの眼鏡
シューベルトの眼鏡
頭に浮かんだメロディーを、すぐにメモできるように、寝ている時も眼鏡をかけていたとか。

↓ベートーヴェンの補聴器
ベートーヴェンの補聴器
(ハイリゲンシュタットのベートーヴェンミュージアムにて)
大きな補聴器を見て、本当に心が痛みました。けれど、その逆境に負けず、数多くの名曲を残したベートーヴェンは、やっぱりスゴイです!!

↓ベートーヴェンのお墓(メトロノームの形です)
ベートーヴェンのお墓

↓シューベルトのお墓(尊敬するベートーヴェンのお墓の隣に眠っています)
シューベルトのお墓

↓ブラームスのお墓
ブラームスのお墓

↓シュトラウス2世のお墓(「美しく青きドナウ」で有名な作曲家です)
シュトラウスのお墓

↓モーツァルト像(お花はト音記号の形)
モーツアルト像

最後に・・・

↓ライプツィヒのメンデルスゾーンハウスでのコスプレ!?
メンデルスゾーンハウス
当時の衣装を着て、写真を撮らせてくれるコーナーがあります。母と妹と3人で、はしゃいでしまいました!

他にも作曲家ゆかりの地を色々と回り、沢山の写真を撮ってきました。

今を生きる私たち、特に子どもたちにとっては、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトと言えば、歴史上の偉人として、遥か彼方の存在です。私のスマホで撮った、大作曲家たちが実際に暮した地の写真を、生徒さんたちと一緒に見て、作品を演奏する際に、少しでも身近に感じてもらえたらと思っています。

続く

次回、番外編として「美味しかった食べ物」を紹介して、この旅行記を締めくくりたいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください