ピアノを続ける ①毎日の練習

「家で練習をしなくて、困ってます。」と生徒さんのお父さん、お母さんから相談されることがあります。「私も子どもの頃は練習さぼってましたよ!」そう言うと、「え!?先生がですか?」と皆さんびっくりされます。

そうなんです。今偉そうにピアノを教えている私ですが、初めからピアノが大好きだったわけではありません。練習をさぼると鬼に変身する母親への恐怖心から、渋々練習をしていました。

母「今日はピアノの練習まだやろ?今すぐ練習しなさい!」
私「ママが買い物行ってる間に、やったよ。」(←これはもちろんウソです。)
母「じゃあ、今弾いてみなさい。すらすら弾けるんやろね!」

さぼったことがばれる → めちゃくちゃ怒られる → 泣きながら練習する

だいたいこのパターンだったでしょうか。

練習が面倒 → ピアノをやめたら練習しなくてよくなる → もっと遊べる!

そう短絡的に考え、小さい頃は何度か母に「ピアノをやめたい。」そう訴えた記憶があります。「今やめたらアカン!」と即却下されましたが。

こんなダメダメな私がどうやってピアノを続けて、どうしてピアノや音楽が大好きになったのか? 少しずつこのブログで紹介していきますので、皆さん、参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください