絶望している暇はない

ピアニストの舘野 泉さんが書かれた「絶望している暇はない」を読みました。

舘野 泉さん
左手のピアニスト。
ピアニストとして活躍していた65歳の時に、脳溢血で倒れ、右半身が不自由になる。2年間のリハビリの後に、左手のピアニストとして復活。80歳になられた現在も活躍しておられます。
絶望している暇はない 本

この本のサブタイトルに「左手のピアニストの超前向き思考」とありますが、まさに超前向き!そして面白くて強い方だと思いました。

もし私が今、右手の自由を奪われたら・・・

それでもピアノを弾くかなぁ?
あきらめるかなぁ?

そんなことを考えながら、読み進めました。

  • 「右手を奪われたんじゃない。左手の音楽を与えられたのです。」
  • 「不自由になったことで、本質が見えてきた。」
  • 「楽な道はおもしろくない。」
  • 「どんな楽器でも、語りかければ応えてくれる。」

他にも多くの名言がちりばめられています。なんだか勇気と元気をもらえる、そんな素敵な本でした。
いつもの本棚に入れておきますので、興味のある方は、また読んでみてください。

舘野 泉さんの演奏です。
スクリャービン作曲 左手のためのノクターン(夜想曲)op.9-2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください