友人からのLINEに、背中を押されました。

「学校の勉強とは違って、無難に接してくれないピアノの先生の存在は必要だと、親のサイドからも思います。将来を背負って行く子どもたちのためにも、必要だと思います。応援しているからね。」

友人からこんな(↑)LINEのメッセージをもらいました

春休みのステップや、コンクールに向けて、毎日子どもたちと向き合う日々が続いています。

一生懸命に弾いている子どもの演奏にダメ出しをすることは、決して楽なことではありません。適当にほめて、面白おかしくレッスンしている方が、お互い楽しくてよいかもしれません。

子どもたちに、はっぱをかけて、必死に頑張らせるのは、自分の虚栄心からか?はたまた自己満足なのか?ここまでの「しごき」を、子どもたちはピアノレッスンに求めているのだろうか?等と、自信や信念が少しぐらついていた私。

絶妙のタイミングで、友人からのメッセージ。

なんだかポンと背中を押された気分です

彼女はコーラスの友人です。4月に大学生になる彼女の息子さんは、小学校、中学校、高校とピアノの発表会やコンクールに挑戦していました。そしてこれからも、ピアノは続けるそうです。

「ピアノ」というお稽古事を深く知っている彼女からのメッセージは、心に響きました

私の心中を知っているわけでもないのに、このタイミングでこのメッセージ。真の友とは、こういうものなのかなと本当に有り難く感じました。

さ、今日もレッスン頑張ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください