85歳のおばあちゃんが弾くシューベルト、そして弾き合い会。

こんな動画を見つけました。

ある老人ホームでの風景です。

「85歳のおばあちゃんが弾くシューベルト」

シューベルト作曲 即興曲op.90-4

何気なく見つけた動画ですが、感動して、思わず聴き入ってしまいました

私もこんな風に歳を重ねられたら、幸せだなぁ。

さて、今日は来週のコンクールに出る生徒ちゃんたちを集めての、弾き合い会でした

まだまだみんなの演奏に注文はありますが、一生懸命演奏する子どもたちの姿に、「どうかピアノの神様が、みんなの味方でいてくれますように。」と心の中で、願っていました。

コンクールですから、演奏に優劣がつけられます。

でもそれは一つの通過点に過ぎません。

ある意味、上の動画のおばあちゃんのように、心からピアノを弾くことを楽しんで、いくつになっても自分を表現できる手段を持つことが、理想と言えます。

指導者として、目先の結果にとらわれることのないよう、長い目で子どもたちを見守っていきたいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください