読書「ピアニストの脳を科学する」~超絶技巧のメカニズム~

ピアニストの脳を科学する
「ピアニストの脳を科学する」 古屋晋一著

題名は難しそうですが、いざ読んでみると、とても面白かったです。

  • ピアノの練習は脳をどう変化させるか
  • 左右の手の独立性
  • 耳と指をつなぐ特殊な回路
  • モーツァルトを聴くと頭が良くなる?
  • 音色を操る
  • 「感情を込めて演奏する」とは?
  • 音楽に感動する脳
  • 多くのピアノにまつわる話が、科学的にわかりやすく書かれています。なんとなく「そうなんだろうなぁ。」と思っていたことが、わかりやすく図で示されていて、すっきりしました

    「ピアノを弾くと頭が良くなる」と聞きますが、本当でしょうか?

    とよく保護者の方から聞かれます。

    これまでは「そうみたいですね~。」なんて曖昧に答えていましたが、この本を読み終わった今は

    本当ですよ!

    と自信を持って答えることができます

    様々な観点から、ピアノを弾くと脳がどのようになるのか、詳しく書かれていますので、興味のある方は読んでみてくださいね

    いつもの本棚に入れておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください