コーラスのオーディションを通して、感じたこと。

先日、所属するコーラスの団内オーディションを受けました。

オーディションに合格した人だけが、本番のステージに立てるというもの。

受けようと決めた時は・・・

  • 仮に落ちたとしても、日常生活に何ら損はない。
  • これを機に練習を頑張るから、合否に関わらず良い経験になる。
  • なんてうそぶいていたくせに(^^;)

    いざオーディションの日が近づいてくると・・・

    • 友達がみんな合格して、自分だけが落ちたら恥ずかしいな。
    • 落ちたら、自分の技量を否定されるみたいで嫌だな。
    • 落ちたら、この曲まで嫌いになるかも。

    なーんて、弱気な自分がどんどん出てきて、気持ちもブルーに

    • 心の免疫力をつけるためにも、こういう経験は必要!
    • 落ちたって日常生活に支障はない!
    • こうやって練習を頑張ることこそ大切なこと!

    と、無理やり自分を奮い立たせて、がんばりました

    オーディションでは、予想通り(!?)緊張してしまい、声は上ずる、息は続かない、音は外すで、練習したことの半分も出せませんでしたが、何とか合格することができて、ホッとしました

    今回の経験を通して、強く感じたことは・・・

    私の生徒のみんなはスゴイ!そして偉い!!

    ということです。

    発表会、コンクール、ピアノステップ、グレードテスト、クリスマス会等々、一年に何度も本番に挑戦するって、やっぱりすごいことです。

    みんな今回私が味わったような心の葛藤を、大なり小なり抱えながら、挑戦しているはずです。まあ、子どもはそうやって技術と共に、心も鍛えられるのでしょうが、でもやっぱり挑戦することを選択するって、偉いなぁと思います

    自分も現役で色々経験するって大切なことですね

    これからも日々勉強です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください