溜まっていた疲れが出てくる時期ですね。

最近、保護者の方から、このような相談を多く受けています。

  • 友人関係がうまくいっていないようで、学校に行きたがりません。
  • ピアノの練習でちょっと出来ないと、激しく泣きます。
  • 練習不足のままレッスンに行かせて、すみません。
  • もうピアノ辞めたい…と言ってます。親としては続けてほしいので、どうしたらいいでしょうか?
  • 練習しなさいと叱り過ぎたかもしれません。

レッスンでも、最近疲れている生徒が多いなぁという印象です。

この時期、子どもにとってはしんどい時かもしれませんね。

新学期、新しい学校、新しいクラス、新しい先生、新しいお友だち・・・

新しい環境に慣れる為に、必死で頑張っていた心と身体の疲れが、一気に出てくる時期でしょうか。

疲れイメージ画像

レッスンの間は、細心の注意を払って子どもたちを見ているつもりですが、心の状態が分かりやすい子どもと、そうでない子どもがいますし、私も子どもたちのサインを見落としていることもあるかと思います。

ですので、「今、学校や家でこういう状態です」ということをご相談くだされば、私もとても助かります。

レッスンの内容を一時的に易しくて楽しいものにすることで、子どもたちも気分転換ができるかもしれませんし

お家でのピアノの練習、特に新しい曲の譜読みは、子どもにとってはたいへんな作業です。

根気も集中力も要るので、心と身体と両方が元気でないと、しんどいと思います。

元気イメージ画像

ですので、しんどそうだな、疲れているなと思ったら、時にはピアノの練習をオマケしてあげてくださいね

かく言う私も、疲れかストレスか甘い物の食べ過ぎか?

週末から顔に湿疹が出てしまい、顔が赤く腫れてきてしまいましたので、今朝皮膚科に行ってきました。

「しばらく、お酒、甘いもの、辛いもの、コーヒーは止めてください」と言われてしまいました。

全部好きなので、辛いです・・・

そして、「化粧もしないで下さい」と言われてしまったので、今日のレッスンはスッピンでした(多分、明日も!)

皆さんも無理は禁物ですよ~

時にはだら~と
「今週は練習できてません」でもOKですので。

緩急つけて、ピアノを長く楽しんで続けてほしいと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください