練習を頑張ったり、サボったり・・・私の場合。

先日の自分のレッスン(受ける側)内容が、あまりに不甲斐無いもので、ちょっと最近、腐っていました。

練習不足なのだから、自分に期待する方がおかしいのに、でも、やっぱり先生の前で思うように弾けないと凹みます

ここ数日は練習にも身が入らず、ゴロゴロだらだらとサボりまくっていました。

そして昨日!

日本プロゴルフ選手権大会で、石川遼選手が優勝しましたね!!

コーラスの練習から帰ってきたら、ちょうど遼君の18番ホールのパターのシーンでした。

そこからプレーオフ。
パットが入った瞬間(優勝が決まった瞬間)
「入ったー!!」とテレビの前で叫んでしまいました

そして、遼君の優勝インタビューにまたまた感動

「夢なのかなと思うくらい、(優勝は)遠く感じていた。(中略)第3ラウンドでは、2ホール連続ボギーで、一瞬切れかけたので、もう一回、挑戦者でやろうと。(後略)」

この「挑戦者」という言葉にビビッときました!!

「私も挑戦者でいたい!!」と。

遼君のゴルフと私のピアノを、同じ次元で語ってはいけませんが、でも「挑戦」という言葉に惹かれて、一気にヤル気スイッチが入った気がします

それから後の練習は、とても集中して頑張れました(^^)v

何かに本気で挑戦する姿って、人に勇気やパワーを与えますね

なぜこんなことを書いたかと言うと・・・

いい歳の大人で、しかもピアノを教えている私ですら、やる気が出たり出なかったり、サボったり頑張ったりします。

幼い子どもや思春期の子どもが、やる気が出なかったり、サボったりするのは、ある意味、自然なこととも言えます。

どこでまたヤル気スイッチが入るかわかりません。

そんな日々の積み重ねが、将来の大きな宝物になると信じて、どうか子どもたちのピアノを長い目で応援してあげてほしいなと思うわけです。

子どもの練習や、練習の仕方で悩んでおられる親御さんが多いので、これからはダメダメな私のことも積極的に書いていこうかなと思います。何かのヒントや参考になれば嬉しいです

さあ、また一週間が始まりましたね!
皆さまにとって、楽しい一週間となりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください