心落ち着く名曲 ~主よ人の望みの喜びよ~

クリスマス会で演奏される曲を少しずつ紹介していきます。

今日の曲は「主よ人の望みの喜びよ」です。

なんだか長くて難しそうな曲名ですが、まあ聴いてみて下さい。

あー、この曲聞いたことある!!
そう思われた方が多くいらっしゃるかと。

バッハの名曲「主よ人の望みの喜びよ」です。

今から約300年前の作品です。教会の礼拝で演奏する為に、声楽とオーケストラ用に作曲された曲(教会カンタータ)で、全曲通して演奏すると30分位かかります。この「主よ人の望みの喜びよ」は、教会カンタータ第147番の一部分になるのですが、とても印象的で美しい旋律故に、ピアノ、オルガン、管弦楽等、様々な楽器で演奏できるよう多数編曲されています。上の動画はピアノ独奏用に編曲されたものです。

バッハのオリジナルはこちら↓

ト長調の穏やかであたたかな旋律。不安な心を優しく包んで導いてくれます私にとってこの曲は、心配事があったり不安を感じた時に、聴いて心を落ち着かせる曲の一つです。いつかコーラスで歌うチャンスがあれば嬉しいなぁと思っています

このバッハの名曲を今年のクリスマス会では、Mちゃん(小5)とHちゃん(中1)姉妹が連弾で演奏します。姉妹で息の合った素敵な演奏を聴かせてくれるはず。楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください