本「ピアノ習ってます」は武器になる

本の写真「ピアノ習ってますは武器になる」

なかなか興味深い内容でした。

かなりピアノ業界寄りに書かれた本だとは思いますが、保護者の方には読んでいただきたい一冊です。教室の本棚に入れておきますね。

読んでいて、個人的にドキッとしたのは・・・

「個人教室はさまざまで、まさに玉石混淆だということ」(中略)「一生の師となる素晴らしい先生がいる一方、残念ながらあまりうまく教えられない先生もいるのが実情です」というくだり。

日々レッスンしていて、生徒さんが音楽好きになるか、また美しい音楽を奏でられるかは、指導者の力量によるところがとても大きいと、常々感じています。自分の指導が玉石の石ころとなってしまわないよう、引き続き、指導法や自分の演奏の学びを怠らないようにしよう!と気持ちを新たにしました。

以下、音楽之友社より

ピアノを習わないと大損!!―――幼児期からピアノや音楽を習うと「音感・リズム感がつく」、「感性を育む」、そして「脳にいい」という効果はよく知られていますが、じつは、それだけではありません。AIネイティブの子どもたちに、“生きる力”を授ける最強の習い事ともいえる「ピアノ」を習うメリットを、改めて各方面に取材・調査。豊富なデータをもとに検証し、教室の探し方、習い方のコツなどとともに紹介する。
また、大人気YouTuberピアニスト、Cateen(かてぃん)こと角野隼斗さんと、母親である角野美智子先生の親子インタビューや、公立小学校の校長・教諭らの本音トーク座談会なども実施。ピアノを習っている子と習っていない子には、明らかな違いがあった!

プロローグ

《Part1 ピアノを習うメリット》
第1章 習わなければ大損! すでに進学校は音楽を重視
 ピアノを学ばないリスク
 幼少期でなければ伸びない力
 学校教育の中での音楽教育
【座談会】ピアノ学習と最近の子どもたちの気になる傾向~小学校の現場から
 子どもたちの不器用化が進んでいた
 音楽を重視する私立進学校
 ピアノを中断しない子の方が有名中学・高校へ!?

第2章 「ピアノは脳にいい」は本当か?
 脳の「能力」
 ピアノを習うと脳細胞が増える?
 音楽がIQ(知能指数)を高くする
 楽器演奏が英語と理数系科目の成績を上げる
 音楽で文章の読解力が身に付く
 音に関する情報処理能力を高める
 楽器練習は集中力を高める
 音楽教育と視覚的・空間的推論能力
 音楽教育と記憶力など他のスキル・能力
 結論として、ピアノは脳にいい?
【インタビュー】 ピアノ=楽しいこと~角野隼斗・美智子さん親子に聞く

第3章 ピアノは子どもの「非認知能力」を鍛える
 「認知能力」、「非認知能力」とは
 「非認知能力」≒「社会人基礎力」
 なぜピアノは「非認知能力」を高めるのか?
 うまく活用すれば「認知能力」も!
 音楽は教科横断的な学習に最適!
 さらなる音楽の潜在力
◎コラム 発達障がいやコミュニケーションに課題のあるお子さんへの対応

第4章 ピアノは“生きる力”を育む
 一流人になるための「非認知能力」とは?
 真摯さ
 「メタ非認知能力」≒「マネジメント力」
 「マネジメント力」の源泉は、孤独を味方にする力
◎コラム 楽器や歌の中で、ピアノが一番?

《Part2 ピアノを人生に活かすために》
第5章 子どもに合った教室の探し方
 教室選びで大切なこと
   0~2歳児
   3歳児~就学前
   小学生以降
 どこの教室で習えばいい?
 タイプ別音楽教室のご紹介
   全国展開している大手音楽教室
   地域密着型の音楽教室
   個人の音楽教室
◎コラム 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

第6章 電子ピアノやオンラインレッスンでもいいですか?
 音大やプロを目指すわけでなければ…
 広がる電子ピアノの活用
 電子ピアノとキーボード
 電子ピアノってこんなにすごい!
 電子ピアノで練習する際に気を付ける点
 楽器選びのポイント
◎コラム オンラインレッスンも進化

第7章 人生は、ピアノとともに!
 小学生高学年から高校生くらいまで
 大学時代
 音楽好きの大学卒業後
 ピアノの学びが、30代以降の人生の選択肢を広げる!
 小中学生でピアノをやめてしまったら?
 ピアノを習って輝いている人々
◎コラム 人生100年時代を見据えた教育のゴールとは?

第8章 ピアノを習う上で気を付けること
 子どもがピアノを習う際に親が気を付けるべき5カ条
◎コラム コロナ禍でわかった! ピアノの先生ってこんなにすごい!!!

おわりに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください