コーラスの本番!

今日、明日とコーラスの本番です!
私はオーケストラ専属の合唱団に所属しているので、合唱付きのオーケストラ作品に出演することがほとんどです。
今回はこれ↓
バーンスタイン パンフ
長いこと音楽をやっていますが、こんなスケールの大きな作品に携わるのは初めてです。オーケストラ、歌手、混声合唱、児童合唱、バンド、ダンサー総勢何名での演奏になるのでしょう?大きなフェスティバルホールのステージが小さく感じるくらいです。

この作品の練習を始めた当初は、不協和音に変拍子、歌詞はラテン語、英語、ヘブライ語・・・「難しい曲だなぁ」といやいや練習をしていました。でもオーケストラ合わせをして、ゲネプロを経て、全体像が見えてきた時に、ただただこの作品の壮大さに感動しました。児童合唱やボーイソプラノの独唱は、涙が出るほど美しくて、神々しいほどです。クラシックのみならず、ロック、ブルース、時にディズニーを感じさせるかわいい箇所もあったりして。とにかく感動がぎっしり詰まった作品です。日本では23年ぶりの上演だとか。

今週に入ってから、オケ合わせ、ゲネプロ、本番の日程と、レッスンが重なってしまい、多くの方にレッスン日の変更をお願いしました。皆さん、ご協力をありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください