コンクールが終わりました。

今月に入って生徒が挑戦したブルクミュラーコンテスト、ピアノフェスティバルイン茨木、この二つのコンクールが終わりました。

出演したみんな、お疲れさまでした。
いつもより家で練習をがんばって、レッスンでは私にしごかれて、本番では緊張感いっぱいの中、懸命に演奏して……

結果は満足できるものでしたか?

賞をもらってすごく嬉しい人、ミスが出て悔しかった人、自信を失ってしまった人……色々だと思います。今回味わったその気持ちを忘れないようにして、その喜び、口惜しさ、悲しさを次はピアノの演奏で表現してください。

一発勝負の本番では、思わぬミスが出てしまうかもしれないし、努力が実って賞をもらえるかもしれないし、「えー!?なんであの人が入賞するの??」なんて仰天の審査結果に遭遇するかもしれないし、結果は色々です。なのでコンクールはある種の「度胸試し」「運試し」そう思って、一回の結果に振り回されることのないように。ピアノを続けている本来の目的を思い出してね。

夏には発表会がありますよ。みんなに何を弾いてもらおうかなぁ?と曲を考えるだけで、うきうきしてきます。また一緒に頑張ろうね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください