「『先生』と呼べる人がいるって有り難い」~H君の名言~

新社会人のH君。
この春に高校を卒業して、今ぴっかぴかの社会人一年生です。

レッスンには月2回通ってきています。

H君、レッスン風景

大卒より4年早く社会に出るわけですから、「色々大丈夫かなぁ?」と心配でしたが、今のところ何とか頑張っているようです。

今日のレッスンでは
「会社に行かなくて済む方法ないかなぁ?って考えるけど、思い浮かばへんねん…」
と苦笑いしていました。

そんな彼が今日はポツリポツリと語りだしました。

H君;「なんか最近、ピアノのレッスンがめっちゃ気分転換になるねん。」

私;「それはよかった。愚痴れるからやろ?」

H君;「うーん…なんでかなぁ?って考えたら…」

私;「なんでやったん?」

H君;「社会人になったら、『先生』って呼べる人がいてないやん、普通は。」

私;「そうやなぁ。」

H君;「でも俺はピアノやってるから、『先生』って呼べる人がいるねん。これは結構有り難い。」

私;「君もまだまだお子ちゃまやな!」
  ↑内心はすっごく嬉しい私です(#^^#)

今日はこんな会話をしてレッスンが終わりました。

そしてレッスンが終わって、はたと気が付きました。

H君の言う
「先生と呼べる人がいるのはありがたい」
これはなかなかの名言ではないかと。

私もピアノのレッスンに通っていますが、やはり「先生」と呼んで頼れる存在、そして導いてくださる人がいるのは、私にとって何かしら心の安定につながっているように思います。

今日はH君との何気ない会話から、大切なことに気が付いた気がします!

H君、ありがとう!!
お仕事がんばってね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください