教室の看板犬「ミルク」の「あご」の話です。

※ピアノレッスンや音楽には関係のない記事です※

今日は教室の看板犬「ミルク」の「あご」の話です

ミルクは昨年の2月に我が家にやって来ました。

ミルクについての記事はこちら
教室の看板犬「ミルク」

ミルクは保健所からレスキューされて、預かりボランティアさんのお宅で1ヶ月ほどお世話になりました。

私たちが預かりボランティアさんのお宅へ、面会に行った時のこと。

ボランティアさんが
「この犬、すっごくかわいいのですが、生まれつき下あごが出ているんです。一見ぶさいくに見えるかもしれませんが、3日見てたら可愛くなりますよ!」

と、何とも微妙なフォローをしてくださり、、、

↓その時の写真がこれ
ミルク1
この時にはそんなに気にならかったミルクの下あごですが・・・

成長するに連れ、下あごもどんどん成長して・・・

最近はこんな感じです
↓ ↓ ↓
ミルク3

ミルク4

下の歯が全て外に出てしまっています(^^;)

もう私たちは見慣れてしまったので、何とも思いませんが、最近もご近所の方に

「ミルクちゃんは下の歯をきれいに見せるねー!」

と言われ、思わず吹きだしてしまいました

そんな「ぶさかわ犬」のミルクですが、生徒さん達には相変わらずの人気です

玄関先でミルクを見かけた生徒さんは

「やったー!ミルクに会えた!!」
「ミルクちゃん、めっちゃかわいい♡」
「ミルクちゃん、おとなしいね♡」

そう言って、みんなミルクと会うと、すごく喜んでくれます。

まさに教室の「看板犬」ですね

多少ぶさいくかもしれませんが、ミルクは今とても幸せだと思います。それが何よりです。

みんな、これからもミルクをよろしくね!

【追記】
角度によっては、下あごは目立ちません。
ベランダのミルク
↑手足が長くて、なかなか男前な気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください