よくある相談③~宿題の合格について~

「すらすら弾けていなくても合格になったり、逆にすらすら弾けているのに何週もやり直しになるのは、なぜですか?」

たまに、このようなご質問をいただきます。

回答としては、「曲によって目的が違うから」ということになります。

①読譜が目的の曲
②テクニックを身に付けてほしい曲
③姿勢、腕・手・指の使い方にこだわりたい曲
②曲想をつけてほしい曲
③暗譜してほしい曲

他にも色々ありますが、その目的に達した段階で合格としています。

①の読譜が目的の曲の場合、とにかく数をこなしたいので、ある程度読めていたら、どんどん進めていきます。

逆に②~⑤が目的の曲は、何週も同じ曲を宿題にすることもあります。

それから、新しい曲の譜読みばかりだと、大変でしょうから、その辺りの配分も気を付けるようにしています。
①新曲の譜読み
②弾きこむ曲や仕上げの曲
どちらかに偏ることなく、バランスが取れるように、配慮しています。

「この曲は合格?」
よく子どもたちから質問されます。

みんな合格シールを目指して頑張っていますからね。合格したい気持ちは、よくわかります。でもあまり合格の数にこだわり過ぎると、ストレスになるかなぁとも思います。

合格でない時は、その都度、丁寧に説明しているつもりですが、それでも合格にならないと、泣いてしまう生徒さんもいます

私たちも辛いところですが、泣いていることに気が付かないふりをして、レッスンを進めていることもよくあります。

たまにオマケで合格にすることもありますが、基礎をおろそかにすると、いずれ行き詰まってしまうので、「ここは譲れない」という軸は、指導者として明確に持っているつもりです。

みんな、丸を目指してがんばれ~(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください