R君(小1)コンクール頑張りました☆

R君(小1)が、ブルグミュラーコンクールで優秀賞をいただきました。

おめでとうございます

賞状を持つR君

大人から見たら、シンプルな簡単な曲なのですが、これを幼い子どもに教えるのは、すごく難しい。

お家での練習を頑張っていることは、横で聴いていてすごく伝わってくるのですが、それがなかなか形にならず、どう持っていけばよいかと悩みながらのレッスンでした。

途中、何度か「無理かなぁ…」と諦めそうになりましたが、健気にひたむきに頑張るR君に、私が勇気づけられた気がします。

R君、本当によく頑張りました。

またファイナルに向けて、一緒に頑張りましょう!

コンクール挑戦は、本人もしんどいですが、それを支える親御さんは、もしかしたら本人以上にしんどいかもしれません。

特に幼い子どもの場合、レッスン内容を正確に家に持ち帰って、一人でさらうということは、まだ出来ません。どうしたって親御さんのヘルプが必要になります。

そうなると親子でバトルが始まるわけです。

しかも毎日(^^;

子どものタイプや性格にもよるとは思いますが、「こんなにしんどいものか…」とよくお母様方が言われます。

「毎日泣くくせに、『またコンクールに出る!』って言うんです…」とあるお母様。

お気持ちよーく分かります。

でもどうか諦めずに、子どもが「やりたい!」と言うのなら、一緒に頑張ってほしいと思います。

そういう経験の積み重ねで、子ども達はこれから社会で生きていくための力を付けるのです。

それは、コンクールのトロフィや表彰状より、もっともっと大きな何かだと私は思います。

ではまたレッスンで(^^)/


教室のYouTubeチャンネルを開設しました!チャンネル登録をぜひお願いします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください