秋のコンクールに向けて、駆け引き、心理戦が続いてます

この時期は、秋のコンクールに向けて頑張っている生徒さんが多いです。

小さな生徒さんたちは、親御さんの時間の管理の下にあるので、何とか積み上げることが出来ているように思いますが、学年が上がってくると、なかなか難しいものがあります。

反抗期、多忙、ストレス、スマホの誘惑等、

色々あるようです。

「こんなペースでは間に合わないよ!!」

とお尻を叩きたい気持ちを、今はぐっと堪えてレッスンしています。

今週は叱る前に、まず話を聞こう!と決めました。

「先週からあんまり変わってないけど、何でやろ?」

(もちろんこういう問いかけは、優しい声、温かな顔付きで。実際は顔が引きつってますが、この時期はマスクがあるから、ばれない!(笑))

  • もうすぐテストがある
  • ピアノやろうと思ったのに、お母さんから先に「練習しなさい」と言われて、イライラしてケンカになって、そこから弾いてない。
  • 練習やりたい自分もいるのに、何でか頑張れない。
  • 塾のある日はなかなか練習時間が取れない。
  • ちょっとスマホ触ってたら、気が付いたら、めっちゃ時間経ってるねん。そしたら、もう夜になってピアノ弾いたらアカン時間になってることが多い。
  • とにかく眠い、寝たい。

正直に話してくれる皆の素直さは可愛いのですが、「じゃあ、なんでコンクール受けるん?そんな甘いもんじゃないわー!!」と言いたいのを、ぐっと堪えて…

「みんな自分の中に、弱い自分と、頑張ろう!って思う自分がいるよね?結局は自分との勝負じゃない?」と諭し…

「できない理由を並べてたら、一生できないままやったりして…」とやんわり追い込み…

YouTubeのカッコイイ演奏を一緒に見て
「こんな人生がいい?それとも、忙しい忙しい!って言って、ピアノをあきらめる人生がいい?」と問いかけ…

(ほぼ誘導尋問。笑)

素直な生徒さんたちは

「今週は頑張ってくる!!」

「先生と喋ってYouTube見たら、やる気が出てきた!」

「来週のレッスンでは、すぐに出来なくても拗ねないからね!!」

「今週は絶対自分で頑張るから、お母さんに練習足りてませんって言わないでね!」

と笑顔で帰って行きました。これで来週どうなっているか?

ドカンと雷か、また優しく諭すか、いっそ突き放すか…

駆け引き、心理戦が続きます。

ピアノの練習も親から自立して、自分でやり出してからが真骨頂な気がします。

弱い自分に打ち勝って、いかに楽しんで練習するか?

こういう経験って、ピアノ以外のどんなことにも活きてくると思います。

みんな、ガンバレ!!

とここまで偉そうに書きましたが、実は私もめちゃくちゃ自分に甘いタイプでして(^^;

ピアノ以外にもいっぱい放り出してることがあります…

私もガンバリマス!!


日々のレッスンの様子は、インスタグラムで更新しています。是非のぞいてみて下さい♪

北原ピアノ教室 Instagraminstagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください