子どもの隔週レッスンについて

時々ですが、「レッスンを隔週でお願いできますか?」と問い合わせをいただくことがあります。

ケースバイケースではありますが、当教室では基本的に、子どもさんの隔週レッスンは受けていません。

その理由として・・・

レッスンの効率がとても悪くなるからです。
(あくまでも個人的な考えです)

では、なぜ効率が悪くなるのか?

理由その①
「何事も初めが肝心!」

導入期のレッスンでは特に、色んなアプローチで音楽する土台を作っていきます。

レッスンでは毎週毎週、手を変え品を変え、音楽の基礎作りに取り組んでいます。そしてそれをお家で、お母さんお父さんと復習してもらいます。

余程、お家でのフォローが長けたご両親のサポートがなければ、この復習作業を2週間続けるというのは、しんどいかなと考えます。

理由その②
「子どもは覚えるのも早いが、忘れるのもとても早い!」

子どもは本当にスポンジのように色んな物事を吸収してくれます。

でもちょっとやらないと、もう忘れかけています。
中には、きれいさっぱり忘れている人もいます(^^;

でも子どもだからそれでいいのです。
いっぱい覚えていっぱい忘れながら、成長していくのだと思います。

だから毎週のレッスンで、内容を少しずつ変えながら、何度も繰り返しやるのです。

理由その③
「間違えたまま2週間練習し続ける問題!」

レッスンが隔週だと、もしリズムや音を間違えたまま練習してしまっていたとして、それを2週間、間違えたまま練習し続けるわけです。

その弾き方で癖がついてしまっていますから、レッスンで指摘されたとしても、簡単には直せません。

子どもはたいてい、リズムや音を間違えたまま練習しています。

最初から完璧に弾ける子どもは、あまりいません。

間違えていて、普通だとも思います。

リズムや音を間違えたまま、2週間お家で練習している

レッスンで注意を受けるが、すぐに直せない

その週に合格にならなかったので、もう一度家で練習

また2週間、間違えたまま練習し続ける、

で、また注意を受ける、でもやっぱり直らない…

いつまでも同じ曲を宿題にするわけにもいかず、「とりあえず合格」にする。でも本当は分かっていない。

この積み重ねの1年、2年後を想像すると、ピアノ指導者としては、ちょっと恐怖に近いものを感じます

もちろん私たちも、注意を楽譜に目立つように書き込んだり、半透明の付箋を間違えている部分に貼ったりして、注意を促しますが、癖を取るのは簡単ではありません。

この3点が、子どもの隔週レッスンを受けていない主な理由です。他にも色々ありますが、長くなりますので、割愛します。

今時の子ども達が、私の子ども時代に比べて、とても忙しいことは重々承知しています。

だから

・レッスンの時間が、楽しければそれでいい
・とりあえず好きな曲1曲だけ弾けたらいい
・音楽が好きになってくれたら、それで十分

そういう考え方もありだと私も思います。

ただ私はやっぱり、忙しい中、それでもピアノをやるからには、楽しみながらも、基礎はしっかりと身につけていただきたい

そのように考えます。

当教室は現在、年間のレッスン回数を何回と決めてレッスンしています。

月3回と月4回の時があるので、たまにレッスンが1週飛ぶ。でも基本的には毎週レッスン。

これがちょうど良いペースかなと今は考えています。

ではまたレッスンで(^^)/


日々のレッスンの様子は、インスタグラムで更新しています。是非のぞいてみて下さい♪

北原ピアノ教室 Instagraminstagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください