発表会を通して、子どもの知的好奇心を育てる

発表会の選曲をするにあたり、「何か弾きたい曲ある?」と生徒さんに尋ねることが多いです。

そうすると、たいていの子どもさんは、アニメやゲームの曲等、生活の中で耳にする曲を弾きたいと言います。

ドラえもん、ポケモン、鬼滅の刃などでしょうか。

それは自然なことですし、何より弾きたい曲があるということは、とても嬉しいことなので、そこは決して否定しません。

弾きたい曲のお手伝いをするのが、私たちの仕事でもあるので、レッスンの中で一緒に練習したりもします。

ただ、知らない曲にも、素敵な曲が沢山あるということを、知ってほしいなあと思います。

全然知らなかった曲でも、何ヶ月も弾いていると、気が付いたらその曲が大好きになっていたりするものです。

ステージで素敵に弾くためには、ただ楽譜を音にするだけでなく、もっともっと!と、音色や曲想に深くこだわります。

そして、発表会でその曲を披露すると、それは大切な思い出の曲となるわけです。

こういう経験って、知らないことを知りたい!もっと深く知りたい!という、子どもの知的好奇心を育てることになるのでは?と思います。

発表会を通して学んでほしいことの一つです。

皆さんの夏のステージを楽しみにしていますよ

練習を頑張ってくださいね!


日々のレッスンの様子は、インスタグラムで更新しています。是非のぞいてみて下さい♪

北原ピアノ教室 Instagraminstagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください