発表会に向けて2021⑤~プログラムに年齢を載せるかどうか?~

レッスンの様子はインスタグラムで日々更新しています。是非見てみて下さい♪

北原ピアノ教室 Instagraminstagram

今日の本題
発表会のプログラムに年齢(学齢)を載せるかどうか?

ピアノの先生の間でも、意見が分かれるところです。

【例】
1.北原 亜紀(小3) ガラスのくつ ギロック
2.筌場 美結(小4) 貴婦人の乗馬 ブルグミュラー
3.岸本 紗耶(小5) トルコ行進曲 モーツアルト

この( )の部分の学齢を、プログラムに明記するかしないか?

私は基本的には、載せない派なのですが、載せる派とちょうど半々くらいでしょうか。

【載せる派】
・分かりやすい
・皆気になること
・励みになる
・選曲の参考になる

【載せない派】
・プログラムをすっきりさせたい
・見たらだいたい分かる
・そもそも知り合いが多くお互い知っている
・年齢を基準にしてほしくない

それぞれに考えがあると思いますので、正解はない話だと思います。因みに、今年もうちの教室では載せません。

「友だちは1年生でアラベスク弾くって。すごいね」
「お母さんは、6年生でエリーゼのために弾いたけど、私は5年生で弾くから勝った!」

よく子ども達から、こんな話を聞きます。

その都度「そこ重要なポイントかなぁ?」と諭します。ピアノの発表会で人と比べても、あんまり意味がないように思うからです。

・レッスン開始年齢が違う
 →3歳から始めた人と、1年生から始めた人を比較できませんよね?

・弾くだけなら、頑張れば弾ける
 →大きな曲を弾くだけなら、頑張ればできないこともないです。でも大切なのは「どう弾くか?」です。

・体格、手の大きさが違う
 →出てくる音、選曲に大きく影響します。

・お家での練習楽器、練習環境が違う
 →電子ピアノ、アップライトピアノ、グランドピアノなど、毎日練習する楽器による影響はとても大きいです。また小さい間は、親御さんのサポートの有る無しや、子どもの性格などでも大きく違ってきます。

以上のような考えから、私はプログラムに学齢は載せる必要性をあまり感じないので、基本的には載せていません。プログラムをすっきりさせたいというのも、大きな理由ですが(^^;

親御さんには子どもさんが、仕上げまでの過程や当日の演奏で、昨年より成長していたら、いっぱい褒めて喜んであげて下さいね(^^)

今年も皆さんの演奏を楽しみにしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください