シャルル・リシャール=アムラン@シンフォニーホール

今日はシンフォニーホールへコンサートを聴きに行ってきました
コンサートパンフ
シャルル・リシャール=アムラン
ショパン ピアノ協奏曲1番&2番

2015年のショパンコンクール2位のピアニストです。

一度、生で聴いてみたいと思っていましたが、今晩聴いて、ちょっと衝撃を受けるくらいに上手かったです。

音が丸くて温かくて柔らかくて、ピアニシモの音の美しさは、時に神秘的な感じでした

アムランさんは、ソフトペダル(左のペダル)の使い方がうまいと、噂には聞いていましたが、やっぱり半端なかったです!まるで右のペダルを踏みかえるように、左ペダルも踏んでいました。それであんなヴェールに包まれたような音が出るのでしょうか。

アンコールは
ショパン ノクターン嬰ハ短調 遺作

もうそれはそれは素晴らしかったです
聴きながらうるうるしちゃいました。このアンコール曲のショパンのノクターンは、先日の発表会でMちゃんが演奏した曲です。今日のアムランさんの演奏をMちゃんにも聴かせてあげたかったなぁ。

次回のアムランさんの来日はいつになるのでしょう?今度はソロリサイタルで、ピアノだけをじっくり聴きたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください